2018.4.16 15:44

大谷のエンゼルス、首位に立つ Dバックスはトップ守る

大谷のエンゼルス、首位に立つ Dバックスはトップ守る

特集:
大谷翔平

 米大リーグは15日、第3週が終了し、ア・リーグ西地区は大谷のいるエンゼルスが7連勝で13勝3敗とし、昨季のワールドシリーズの覇者アストロズに代わって首位に立った。イチローのマリナーズが3位で追っている。

 東地区は田中のヤンキースが7勝7敗で首位レッドソックスと5・5ゲーム差の3位につけ、中地区はツインズが1位。

 ナ・リーグは西地区で平野の所属するダイヤモンドバックスがこの週4勝2敗でトップを守った。牧田のいるパドレスは同5勝2敗で3位に浮上。前田のいるドジャースが最下位に転落した。

 中地区は首位パイレーツからダルビッシュのいるカブスまで4球団が3・5ゲーム差。東地区で田沢のいる最下位マーリンズは首位メッツから8・5ゲーム差に開いた。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 大谷のエンゼルス、首位に立つ Dバックスはトップ守る