2018.1.11 05:02

阪神D5・谷川、ロケットスタートも最下位フィニッシュ

阪神D5・谷川、ロケットスタートも最下位フィニッシュ

特集:
2018新人情報
スタートダッシュで大きくリードした谷川(左端)だが…

スタートダッシュで大きくリードした谷川(左端)だが…【拡大】

 阪神の新人合同自主トレで毎年恒例の3000メートル走が10日、行われ、ドラフト2位・高橋遥人投手(22)=亜大=が11分48秒をマーク。同4位・島田海吏外野手(21)=上武大=ら俊足自慢を抑え、1位となった。

 D5位・谷川昌希投手(九州三菱自動車)は3000メートル走で猛然とスタートダッシュを決めたが…。徐々に足が止まり、2周目途中で後続に追いつかれると、最後は周回遅れで14分28秒の最下位フィニッシュ。「ランニングは得意な方じゃないので。どうせなら最初の一周は目立ってやろうと。ランニング以外でもアピールしたい」と雪辱を誓い、伊藤トレーニングコーチは「そういう(目立とうとする)気持ちが大事です」と評価した。

ドラフト指名選手へ育成ドラフト指名へ

  • 3000m走でスタート直後の猛ダッシュで他の選手から大きくリードを取る阪神・谷川昌希(左から2人目)。だが2周目であっさり追いつかれてしまう
  • 3000m走で他の選手が走り終えてクールダウンする中、周回遅れの阪神・谷川昌希(奥)は黙々と走り続けていた
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神D5・谷川、ロケットスタートも最下位フィニッシュ